BLOG

BODY STYLE THE TOKYO(ボディスタイルザトウキョウ)
より、色々な記事を投稿していきます!

お風呂の入り方

ようやく天気も落ち着いてきた今日この頃。

10月に入り、当店も冬服に衣替えしました。

朝、晩と冷えが感じられるようになり、

夏の間はシャワーで済ませていた方も、

ゆっくりとお風呂に浸かって身体を温めたくなる季節になりましたね。

そんなお風呂の入り方を今日はご紹介したいと思います。

furo

○全身浴

41〜42度

肩までしっかりと浸かり、約10分。

 

○半身浴

38〜40度

みぞおちあたりまで浸かる程度、20分〜30分。

お風呂に入る30分前に水を飲んでおくことで、デトックス効果が高まります。

 

○腰浴

45度前後の熱いお湯をおへそくらいまで浸かる。

5分〜10分くらい。汗をかけばOKです。

 

とても熱いので、まずは足を温めてから、

少しずつ腰を下ろしていきましょう。

お風呂からあがると皮膚の表面が真っ赤になってビックリしますが、

時間が経てば元に戻ります。

この入浴方法は、フェロモンを分泌してくれる、とも言われています。

 

半身浴、腰浴ともに上半身が冷えやすいので、タオルを肩にかけたり、

Tシャツを羽織ったりなどして、身体を冷やさないように気をつけて下さいね。

 

○足浴

39~42度のお湯が入った、バケツなどを用意。

足首の上くらいまで浸かりましょう。

数分~15分くらいが目安です。

 

他には、こんな入浴方法も。

 

□高温反復入浴方法

40〜43度の高めに設定。

首までしっかり浸かったら、お湯に3分浸かります。

3分たったら、5分出て休憩。

これを3回〜5回ほど繰り返す。

 

□温冷交代浴

サウナと水風呂を交互に入る入り方ですね。

ただ、自宅だとサウナや水風呂はなかなか用意できません。

お家で行う方法は次の通りです。

 

42度くらいの熱めのお湯に3分間浸かる。

お湯から出て、冷水を手足にかける(10秒くらいで充分、3~4回繰り返します)

再度1分間お風呂に入る。

これを5回ほど繰り返す。最後は必ず、冷水で締めくくりましょう。

 

入浴方法としては反復入浴法と似たような方法ですね。

これはかなり心臓に負担がかかる入浴法になるので、

心臓の弱い方は注意して行ってください。

 

これらの入浴方法はそれぞれにメリット、デメリットがあります。

また、毎日同じ入浴方法だと効果も落ちてくるそうです。

入浴方法による効果の違いは、次回のブログでご紹介いたします。

 

お風呂はダイエット効果もありますが、

一日の疲れ、汚れを取り、心をリラックスさせる一日のリセットタイムです。

色々な入浴方法をご案内しましたが、

ご自身にあった入浴方法を試してみてくださいね。

pagetop